投資家向け広報
アプリ一覧
AI写真編集ツール
生成 AI
ブログ
投資家向け広報
YouCam AI Pro
AIでイラストや画像を生成
Blog写真加工
【無料】AIで画像生成ができるサイトおすすめ5選!WEB・スマホ対応【2024年最新】
写真加工

【無料】AIで画像生成ができるサイトおすすめ5選!WEB・スマホ対応【2024年最新】

2024年4月16日 目安時間 3 分
AI画像生成ができるおすすめwebサイト5選

近年目まぐるしく発展しているAI(人工知能)技術。

この2024年、特に注目を集めているのが「AI画像生成」です。

精度の高い生成AIが搭載されたWebツールを使えば、写真のようにリアルな画像を生成することができます。

今回の記事では、画像生成AIの魅力を最大限に体験できるサイト5選を紹介します。

スマホやパソコンなどのWEB上でAI画像生成が楽しめるアプリについても紹介しているので、ぜひ最後までご一読ください。


  目次をチェック!




AIで画像生成ができるサイトおすすめ5選

1位:リアルなAI画像を自動生成『YouCam 画像編集ツール』

リアルなAI画像を生成▲リアルなAI画像が生成できる

YouCam 画像編集ツールのボタン

『YouCam 画像編集ツール』は、AI画像生成が初めての方にも操作しやすいことで人気のウェブサイトです。

 日本語プロンプトに対する精度が高く、写真のようにリアルなAI画像を生成してくれます。

また、AI画像のスタイルが豊富でリアルな美女や可愛いアニメキャラを簡単に生成できます。

アプリでAI画像を生成する様子▲アプリ版はさらに操作しやすい!

アプリのダウンロードボタン

また、スマホで気軽に試せる無料のアプリ版もリリースされています。

人物やイラストのAI画像生成を気軽に試してみたい人におすすめです。

【長所】

  • 日本語プロンプトでも問題なく、イメージ通りのAI画像を生成できる
  • 人物画像の生成に強く、リアルな美女や可愛い二次元アニメキャラを生成できる

【短所】

  • ネガティブプロンプトの入力に対応していない
  • アプリ版の一部機能がサイト版には搭載されていない

【サイトのプラン】

  •  無料登録で10クレジットが特典付与される


2位:リアルな人物のAI画像を生成できる『SeaArt』

『SeaArt』のトップ画面▲『SeaArt』のトップ画面

『SeaArt』のボタン

『SeaArt』は、『Stable Diffusion』をベースとしたシンガポール発のAI画像生成サイトです。

インストールや操作画面が複雑な『Stable Diffusion』に比べて、こちらはWEBブラウザ上でアカウントにログインするだけで使えるので初心者にも最適です。

特に、写真のようにリアルな人物画像を生成したい際におすすめです。

『SeaArt』を使ってAI画像を生成する様子▲『SeaArt』でAI画像を生成する様子

【長所】

  • モデルやLORAの選択ができるので、リアルなAI画像が簡単に生成できる
  • プロンプトが公開されており、初心者でも高品質なAI画像が生成可能

【短所】

  • 日本語のプロンプトに対応してはいるものの、反応はそこまでよくない
  • 生成したいAI画像のタイプによっては、有料プランに課金する必要がある

【サイトのプラン】

  • 1日最大200枚まで画像を無料で生成できる


3位:ピクサー風のAI画像が生成できるWEBサイト『Bing Image Creator』

Bing Image Creatorのトップ画面▲『Bing Image Creator』のトップ画面

『Bing Image Creator』のバナー

『Bing Image Creator』は、Microsoftが開発・運営するAI画像の自動生成WEBサイトです。

2023年には、ディズニー・ピクサー風のAI画像が生成できることで注目を集めました。

Microsoftアカウントを持っていれば、だれでも無料で利用することができます。

Bing Image Creatorの編集画面▲『Bing Image Creator』でAI画像を生成する様子

【長所】

  • 日本語のプロンプトでも再現度の高いAI画像を生成してくれる
  • サンプル画像とそのプロンプトが公開されている

【短所】

  • 1日あたりのブーストを使い切ると、AI画像生成のスピードが低下する
  • 人物の画像を生成するのには向いていない

【サイトのプラン】

  • 無料


4位:サイトで生成したAI画像を商業利用『Adobe Firefly』 

Adobe Fireflyのトップ画面▲『Adobe Firefly』のトップ画面

『Adobe Firefly』のバナー

『Adobe Firefly』は、Adobeが手掛けるAI画像生成サイトです。

Adobeの画像素材提供サービス「Adobe Stock」内の写真やイラストを元にAI画像が生成されるため、商用利用も可能な点が強みです。

AI画像生成の他にも、テキスト効果や生成塗りつぶしなど楽しい画像編集コンテンツが満載です。

Adobe Fireflyの編集画面▲『Adobe Firefly』でAI画像を生成する様子

【長所】

  •  100以上の言語のプロンプト入力に対応している
  • 生成したAI画像を商用利用できる

【短所】

  • 生成されるAI画像のクオリティがやや不安定
  • 日本語プロンプトは英語に比べて精度が落ちる

【サイトのプラン】

  • 無料版の場合、毎月25枚のクレジットを利用できる


5位:生成したAI画像をデザインできる『Canva(Mojo AI)』

Canva Mojo AIのトップ画面▲『Canva(Mojo AI)』のトップ画面

『Canva』のバナー

『Canva』は誰でも無料でプロ並みのデザイン作品が作れることで人気のグラフィックデザイン編集ツールです。

2023年9月には新たに『Mojo AI』機能がリリースされ、これまでより遥かにリアルなAI画像が自動生成できるようになりました。

韓国アイドルのような美女を生成したい方は、ぜひ使ってみてください。

『Canva(Mojo AI)』を使ってAI画像を生成する様子『Canva(Mojo AI)』でAI画像を生成する様子

【長所】

  • 無料版でも多くのAI画像を生成できるので気軽に使える
  • 生成したAI画像を使ってバナーなどをデザインできる

【短所】

  • AI画像生成に時間がかかる
  • 生成後にキャンパスのサイズを変える場合は課金しなければならない

【ウェブサイト / アプリのプラン】

  • 『Mojo AI』初回登録時に75クレジットが付与される(画像1枚につき4枚のクレジットが必要)




無料でAI画像が生成できるアプリは?

スマホで気軽にリアルなAI画像を生成したい人は、画像生成AIアプリを使うのがおすすめです。

▲リアルな女性の画像を生成

アプリのダウンロードボタン

『YouCam AI Pro』は、写実的な人物を日本語プロンプトで簡単に生成できるアプリです。

AI美女の着せ替えや画像からのイラスト生成などAI画像生成サイトにはない機能が多く搭載されており、表現の幅を広げてくれます。

AIファッション機能で生成画像をカスタマイズ▲AIファッション機能で生成画像をカスタマイズ

このアプリの最大の特徴であるフィルター機能を使って、生成したAI画像をさらにカスタマイズすることもできます。

例えば【AIファッション】という機能を使えば、上のように生成した美女の服を着せ替えられます。

最近流行りのAIディズニー画像▲最近流行りのAIディズニー画像

その他にも、ペットの特徴を含むプロンプトを入力することで、今SNSで話題のAIディズニー加工も体験できます。




サイトを使ってAI画像を生成する方法

ここでは、上記でご紹介した『YouCam 画像編集ツール』を使って、ウェブブラウザでAI画像を生成する方法を説明します。

日本語プロンプトでとてもスムーズにAI画像が生成できるので、ぜひ試してみてください。


AI画像生成ステップ①サイトにログイン

トップ画面の上にあるメニューバーの【生成AI】をクリックし、【AI画像生成】を選択します。

【AI画像生成】機能のメイン画面が表示されたら、右上にある【人】マークをクリックし、サイトにログインします。

【AI画像生成】機能のメイン画面▲【AI画像生成】機能のメイン画面

すると、ログイン画面が表示されるので、メールアドレスを入力し、サイト用のパスワードを設定します。

Google、Facebook、Appleのいずれかのアカウントでログインすることもできますよ。


AI画像生成ステップ②プロンプトを入力する

ログインが完了すると、AI画像生成画面にアクセスすることができます。

プロンプトを入力する様子

▲プロンプトを入力する様子

「説明をここに入力」と書かれた部分にプロンプトを入力します。

日本語のプロンプト入力でも問題なくAI画像を生成することが可能です。

ここでは、「白いキャミソールの美女、日本人アイドル、20歳、85ミリ、クローズアップ、生写真、はにかんだ笑顔、美しい目、丸い目、デートしている、こっち見て、シースルー前髪、黒髪、ふんわりとしたセミロングヘア、野外、公式のアート、純粋、透き通った肌、赤い頬、繊細」と入力しました。


AI画像生成ステップ③好きなスタイルを選ぶ

次に、好きなAI画像のスタイルを選びます。

豊富なスタイル▲豊富なスタイル

「リアル」や「2Dアニメ」など、合計27種類のバリエーション豊かなスタイルが用意されています。

ここでは、「リアル」を選択しました。


AI画像生成ステップ④画像処理を待つ

スタイルを選び終わったら、【生成】をクリックし、AI画像が生成されるのを待ちます。

約30秒ほどでAI画像が生成されます。

画像処理を待つ様子▲画像処理を待つ様子


AI画像生成ステップ⑤完成

とてもリアルな女性のAI画像ができあがりました!

生成されたAI画像▲生成されたAI画像

お気に入りのAI画像が生成されるまで、プロンプトを調整しながら、この一連の動作を繰り返します。


AI画像生成ステップ⑥AI画像をダウンロード

最後に、生成したAI画像を端末にダウンロードします。

AI画像をダウンロードする様子▲AI画像をダウンロードする様子

AI画像にタイトルを付けたい場合は、【ファイル名】を変更します。

ベストな状態で画像を保存するなら、画質を「超高」に設定するのがおすすめです。




そもそも「画像生成AI」とは?

画像生成AI」とは、入力された文字をもとに、現実に近い写真やイラストを作り出す技術のことです。

AIに入力する文字のことをプロンプトと呼びます。

AIで画像生成する例AIで画像生成する例

例えば、「サーフィンするパンダ」というプロンプトを入力すると、そのイメージに合った画像をAIが自動で生成してくれます。

画像生成AIは、広告のデザインやウェブサイトなど、いろいろな場所で使われ始めています。




画像生成AIの活用事例

広告クリエイティブの作成

「オタ恋」の広告▲「オタ恋」のAI広告

オタク同士の出会いをサポートするマッチングアプリ「オタ恋」の広告がX(Twitter)で話題になっています。

実はこの画像、全てAIで生成されたものなんです。

ハイクオリティな広告画像を生成できるAIを活用すれば、インパクトある広告を容易に制作することができます。


タレントの生成

「お~いお茶 カテキン緑茶」CMに出演したAIタレント▲「お~いお茶 カテキン緑茶」CMに出演したAIタレント

「AIタレント」の火付け役となったのは、伊藤園「お~いお茶 カテキン緑茶」のテレビCMです。

このようなAIタレントの起用は、エンタメやファッションなどあらゆる業界ですでに一般化されつつあります。

AIタレントなら、リアルなタレントと違ってスキャンダルを起こす心配もないため、企業側としても安定してコンテンツを発信できます。


マンガ・アニメ・ゲームの画像生成

AIを活用した制作された「ブラック・ジャック」の最新作▲AIを活用した制作された「ブラック・ジャック」の最新作

画像生成AIは、ラフ画を描く際や、キャラクター像を設計する際の補助としても活用されています。

日本では、漫画家・手塚治虫の代表作「ブラック・ジャック」の新作がAIの力によって生みだされたことが注目を集めました。

絵に自信がない人でも精巧な作品を生み出すことができる画像生成AIは、2024年もクリエイティブ業界に大きな改革をもたらしてくれるに違いありません。


インテリアの設計図作成

『RoomGPT』で生成した架空の空間▲『RoomGPT』で生成した架空の空間

画像生成AIは、インテリアデザインなど3D空間の設計にも適しています。

建築デザインができる一番有名なジェネレーティブAIとしては、『RoomGPT』が挙げられます。

異なるスタイルのインテリアデザインを一目で提示してくれるAIインテリアの活用は、顧客の満足度も向上してくれると期待されています。




まとめ

今回の記事では2024年大注目のwebで試せるおすすめAI画像生成サイト5選を紹介しました。

画像生成AIの技術は急速に進化していて、多くの人から支持を受けている人気コンテンツとなっています。

自分の写真やメッセージから世界にひとつだけのAI画像が生成される感覚はとても新鮮です。

画像生成AIの魅力を体感したいひとはぜひ本記事で紹介したwebサイトに触れてみてください。





この記事の監修者

この記事の監修者

PERFECT株式会社 編集部

写真加工&画像編集アプリのエキスパート。盛れる自撮り加工や映える画像&動画編集についてのコンテンツをお届け。最新の流行から少しニッチな情報まで、幅広く発信していきます。


人気ブログ
続行するにはCookieを有効にしてください。当社のCookie使用に関しての詳細はこちら をご覧ください。