投資家向け広報
TRY-ON
BlogGeneral
【保存版】2023年ビューティーテック導入・活用完全ガイド
AI/AR バーチャルメイク

【保存版】2023年ビューティーテック導入・活用完全ガイド

2023年3月1日 目安時間 3 分
【保存版】2023年ビューティーテック導入・活用完全ガイド


(*2023/03/01 更新)

バーチャルメイクなど可能性広がるAI機能

ビューティーテックを活用することで、企業は顧客とのコミュニケーションを強化することができます。特に、バーチャルメイクやAI搭載の肌診断、バーチャルネイルなど、顧客が自分自身のイメージを簡単に試すことができる機能は、顧客とのエンゲージメントを高める上で非常に有効です。

パーフェクト社営業窓口への問い合わせ

また、ビューティーテックを活用することで、企業は商品やサービスの提供方法を変え、新しいビジネスモデルを構築することができます。例えば、バーチャルメイクやAI搭載の肌診断を活用することで、オンラインでのコンサルティングや診断が可能になり、地理的な制約を受けずに多くの顧客にアクセスすることができます。

さらに、企業はマーケティング活動を効果的に展開することができます。例えば、SNS上でバーチャルメイクを試せる機能を提供することで、多くのユーザーに拡散され、企業のブランド認知度を高めることができます。

ビューティーテックが今注目を集めている分野であり、バーチャルメイクなどのテクノロジーを活用することで、ビジネスにおいても大きな効果が期待できる為、導入をご検討中の方にご紹介致します。


ビューティーテック業界で注目のバーチャルメイク

ビューティテック(美容技術)における目標の一つは、消費者が自分だけの体験を楽しめるようにすることです。パーフェクト社のCEOであるアリス・チャンは、現代の消費者が自分に合った製品を求めているため、化粧品ブランドはオンラインでもオフラインでも、消費者のニーズを理解し、そのニーズに合った製品を提供する必要があると説明しています。

パーフェクト社は、AIやAR技術を活用して、顧客がヘアカラーやバーチャルメイクが試せる「YouCam メイク」というアプリを開発し、ビューティーテック業界で注目を集めています。

ARで没入体験!バーチャル化粧品試用で利便性向上

ARメイク

現代のテクノロジーは、私たちの生活に大きな変化をもたらしています。その中でも、AR(拡張現実)は、現実世界をよりエキサイティングな場所に変え、新しい体験を提供することができます。ポケモンGoのようなARゲームは、多くの人々を引き付け、人々を屋外に誘い出しました。

最近では、ファッションブランドや小売店が、3Dバーチャル空間上で公式店舗を立ち上げ、消費者はARを使って製品を気軽に試せます。化粧品ブランドも、ARを活用したバーチャルメイクの試用体験を提供し、購入前の不安を解消することができます。

ARは私たちの生活においてますます重要な役割を果たし、私たちの日常をより豊かなものにしているのです。

ご自身お顔でデモ体験

バーチャルメイク機能の導入例

ARやAIは、エンターテインメントだけでなく、ビジネスにも影響を与えていることが実証されています。特に、ビューティテックにおいては、オンラインとオフラインを融合するOMO戦略によって、ビジネス価値を高めることができます。バーチャルシミュレーション機能を積極的に活用することで、企業は想定以上の成果を生み出すこともできます。各社の事例や成果を紹介します。


日本

KATE(ケイト)

「KATE iCON BOX」設置前後で対象商品の売上が133倍

コフレドール

「COFFmi(コフミ)」は、AI シェードファインダー(肌色分析)やAI 肌診断などを導入したことで、サイトPV数は11.4倍、平均滞在時間は2.48倍増加

ブローネ ルミエスト

毛束色見本の代わりに髪色シミュレーションを導入し、週間試用回数が100万回以上を記録。プラスチック使用量の削減につながっている。

パーフェクト社の髪色シミュレーションblaune事例

アメリカ

エスティ ローダー

口紅のバーチャルメイク体験を店頭で提供し、購入に至るコンバージョンレートが2.5倍アップ。消費者が自分の肌色にピッタリの色味のファンデーションを見つけることができるiMatch™ も、顧客エンゲージメント、カスタマーロイヤリティーの向上に寄与した。

パーフェクト社バーチャルお試し


e.l.f Cosmetics

ブランドサイトにバーチャルメイク機能を導入したことにより、コンバージョンレート200%アップを記録。

Benefit 

ブランドサイト上にバーチャルアイブロー(眉毛のバーチャルシミュレーション体験)を導入したことで、ユーザーのページ滞在率が101%アップ。さらに「カートに追加」率が20%アップした。

Aveda

バーチャルヘアシミュレーション機能を導入したページへのトラフィックが220%アップ。さらにサイト上の店舗検索ページ利用率が、サイト内他ページと比べて5倍にアップ。ヘアシミュレーション機能を利用したユーザーの顧客単価は14%アップ。

中国

トップECサイト「Tmall」

バーチャルメイクの導入により、売上が8倍になり、コスメ購入者のページ滞在時間が平均5倍に伸長。

このように、ビューティーテックが単なる作り物感またはゲームツールではなく、ビジネスにおいて効果をもたらすツールとなっています。

企業は、積極的にビューティーテックを取り入れ、顧客とのつながりを強化し、ビジネスモデルを変革することが可能となります。

最新導入事例一覧


ビューティーテック導入時のKPIのご紹介

ビューティーテクノロジーが、消費者とのデジタル接点を高め、顧客エンゲージメントを向上し、売上を増加させる重要な武器となります。

参考となるKPIをご紹介致します。

カートサイズ・コンバージョンレート・平均注文額

「Neilsen」という調査会社の報告によると、消費者の51%がAR(拡張現実)を使用してから製品を購入することを検討しており、実際に試すことができなくても、ARで試すという体験に魅力を感じているようです。

また、ECサイト「Shopify」のレポートによると、ARを導入した製品のコンバージョンレートはARを使用しなかった場合よりも94%高くなっています。ARを導入することで、売上だけでなく、カートサイズ、コンバージョンレート、平均注文額などの指標も向上する可能性があります。

サイト滞在時間

ビューティテックとは、便利でインタラクティブなコンテンツであり、美容に関心がある消費者にとって有益な体験を提供します。これにより、消費者は興味を持ち、さらに関与するようになり、最終的にはお客様になります。より多くの人々がクリックし、購入するほど、エンゲージメントが高いため、クリックスルーレート(CTR)と売上が向上する可能性があります。

新規およびリターントラフィック

ビューティーテックの導入により、ブランドやリテーラーと消費者がバーチャルでつながり、ブランド認知度と顧客ロイヤルティが向上します。消費者は良い印象を持ち、ブランドに戻ってくる傾向があり、ビューティテックは、インタラクティブな購買体験に欠かせないコンテンツとなります。

さらに、購買体験に満足した消費者は、サイトに戻ってくる率が高く、友人にブランドを紹介するようになります。これらの要素は、より高いクリックスルーレート(CTR)や売上向上に繋がります。

返品率

ビューティテックは、商品を買う前に消費者に自信を与え、返品率を減らすことができます。バーチャルメイクアップシミュレーションを通じて、顧客は自分の顔で製品を試すことができ、その結果購入につながることがあります。

バーチャルで製品を試した消費者は、通常起こる購入時のミスマッチを事前に防ぐことができ、その結果、返品率が低くなることに貢献します。

営業窓口お問い合わせボタン


AR技術で美容業界が変革、テスター不要に?

新型コロナウイルス感染症の影響で、店頭で共有されるメイクアップのテスターが廃止されつつあります。美容業界では、AR技術を使ったバーチャルトライが普及しており、リップカラーやヘアカラー、眉の形などをスマホアプリやパソコンからバーチャルに試すことができます。

米コスメブランドの「Benefit」では、バーチャルアイブローを体験することができ、15種類の眉の形や12色の色味を試すことができます。バーチャルトライを使えば、ウイルス感染の心配がなくなるだけでなく、家から出かけて店頭に行く必要もなくなります。

パーフェクト社バーチャル眉毛

ARが可能にするメイクやヘアカラーのバーチャルトライ

AR技術の評価要因の一つに、不可能を可能にすることが挙げられます。例えば、「Estée Lauder」はYouCamサービスを導入することで、30秒で30色のリップカラーをバーチャルで試すという驚くべき体験を提供しました。今では、「Estée Lauder」の「Pure Color Envy lipstick」の全ての色を、「Virtual Artist Tool」という同ブランドのツールを使ってバーチャルで試すことができます。

もし1人の唇に30色を試したら、唇にダメージを与えるだけでなく、リップカラーに限らず他のメイクにも同じことが言えます。特にヘアカラーを1色ずつ実際の髪に試すことは不可能に近いです。

こういった点で、「Punky Hair Studio」が支持される理由があると言えます。AR技術によって、ユーザーは自分の髪色を瞬時にピンクから青、青から緑、赤や紫などに変えることができます。そのため、ユーザーは自分に合ったスタイルを選択することができるようになりました。


「我々の製品に出会うまで40~50年近くヘアサロンに通われて、ご自身で髪を染めた事がなかった方々がいらっしゃいます。」

「自信に満ち溢れたお客様を目にすることはとても嬉しいものです。ヘアカラーのシミュレーション体験全体の初めから終わりまで素晴らしいものだと、多数の評価を頂いています。それもパーフェクト社のARツールのお陰です。」

- Tyler Wozny  ヘアカラーブランド「Madison Reed」デジタルプロダクトシニアーバイスプレジデント

ユーザー体験を向上させるAI肌診断

現在、ビューティーテックは急速に進化し、バーチャルメイク体験だけでなく、人工知能(AI)を利用することでより賢くなり、機械学習やディープラーニングのアルゴリズムによりスキンケア分野にも進出しています。

スキンケアAI肌診断デモ体験

最新のAI技術と高精細カメラを使ったスキンケアのビューティーテックは、スマートフォンを肌診断ツールに変え、いつでも使える「スキンドクター」を提供しています。AR技術を使うことで、顔のシワ、キメ、シミ、ニキビなどの正確な位置を特定し、専門家による肌の評価をリアルタイムで行うことができます。同じ技術は小売業界にも導入され、消費者はわずか数秒で自分専用の肌診断結果を得ることができます。

パーフェクト社のAI肌診断技術が有効であると証明

AIによる肌診断が、スキンケア商品を求める消費者にとって正確で有益な結果を提供するためには、皮膚科医やスキンケアの専門家による検証が必要不可欠です。パーフェクト社は、このような専門家と協力して、AIによる肌診断技術が正確かつ有用なものであることを確立してきました。

また、米国Wake Forest大学医学部の皮膚科教授であるSteven R. Feldman博士の最新レポートによれば、パーフェクト社のAI肌診断技術は、皮膚科、メディカルスパ、エステティックにおいて皮膚特性の評価に有用であることが証明されています。

AI肌診断をより詳しく


バーチャルメイクで自分に合った美容を学ぶ方法

最新の美容技術を活用したバーチャルメイクシミュレーションAI肌診断を使えば、美容部員がいなくても誰でも簡単に美容について学ぶことができます。SNSやアプリを通じて、自分に似合うメイクを見つけたり、世界中の人とシェアすることも可能です。

動画では得られないインタラクティブな体験ができ、自分に合ったメイクルックを見つけることで達成感を感じられます。

また、バーチャルメイクを通じて、消費者が自分に合った製品を見つけ、より賢明な買い物ができるようにサポートします。

ご自身お顔でデモ体験



ビューティーテックのシステム精度について

フェイストラッキング

AR技術には高い精度を持つフェイストラッキング機能が必要です。ユーザーは顔や頭を動かすため、トラッキング機能がないとバーチャルメイクの位置がずれてしまいます。また、髪色を試す際も、別の角度から見るために頭を動かす必要があります。これにより、新しいテクノロジーによって今までにないバーチャルトライ体験が実現されました。

髪色(ヘアカラー)の精度

バーチャルトライ体験の価値は、製品が消費者の顔や髪に上に、どれほど正確にARで表現できるかによります。特にヘアカラーは、消費者の髪色によって仕上がりが異なるため、実際に近い仕上がりを提供するのは難しいです。しかし、AIとARを駆使するパーフェクト社のバーチャルトライは、消費者の元の髪色も考慮し、自然な仕上がりを提供できるため、高い評価を受けています。

唇(リップ)と目周り(アイライナー)の精度

バーチャルメイクの体験価値は、ユーザー自身の顔の上に製品がどれほど正確にARで表現できるかによって大きく左右されます。特に口紅の場合、色だけでなくテクスチャーも正確に再現する必要があります。Stila Cosmeticsはパーフェクトと協力して、非常にリアルなバーチャルメイク体験を提供しており、消費者は商品を自信をもって購入することができるようになっています。

パーフェクト社リップシミュレーション

毛髪の形状と動きの検出精度

AR技術による毛髪の再現は困難であり、眉毛の再現には顔のトラッキング技術が重要です。顔の表情が変わった場合にも追随できるよう、高度な技術が必要です。

ファンデーションの色味

エスティーローダーの店舗向けアプリ「iMatch™ Virtual Shade Expert」は、高精度なパーソナルカラー検出機能とYouCamメイクのバーチャルメイク機能を組み合わせたもので、データベース内の89,969通りのスキントーンからパーソナルカラーを検出し、エスティーローダーの商品「Double Wear Stay-in-Place Makeup」の中から最適な色味を提案することができます。このアプリにより、消費者は自分に最適な色味を即座に試すことができるようになりました。

パーフェクト社ファンデーション色味検知


検索エンジン及びソーシャルプラットフォームにおけるビューティーテック

インスタ、youtube、snapchatなどのSNSソリューション

グーグル検索&YouTubeに普及するバーチャルメイク

グーグルは、検索エンジンのグーグル検索と動画プラットフォームのYouTubeに、バーチャルメイク機能を取り入れています。パーフェクト社との協業により、エスティーローダーやMACなどの多くのブランドと一緒に、バーチャルメイク体験を提供しています。消費者は、スマートフォンのカメラを使って、グーグル検索でメイク商品を試すことができます。YouTubeでも、AR技術を使ったメイク商品の試着機能を提供しています。

YouTubeのインストリーム広告では、パーフェクトのYouCamメイク技術を取り入れ、視聴者にAR体験を提供しています。グーグルとYouTubeは、パーフェクト社と戦略的業務提携を結び、さらなるバーチャルメイク体験の提供を目指しています。

この機能により、視聴者は好きなメイクアーティストの動画を見ながら、リアルタイムでメイクを試すことができます。例えば、e.l.f. Cosmeticsの新商品SRSLY Satin Lipstickを紹介するJasmine Brownという著名なインフルエンサーが、YouTubeのIn-Stream広告でこの機能を使った素晴らしい例を見せています。Jasmineが様々な色の口紅を紹介している動画を見ながら、「try on」ボタンをタップすると、自分の顔にその色をシミュレーションすることができます。気に入った色があれば、そのまま購入することもできます。

elf youtubeバーチャルリップお試し画面


スナップチャットのバーチャルメイク

スナップチャットは、SNSでストーリーをシェアすることができるパイオニアであり、AR技術を最も進化させている企業の1つです。スナップチャットは、1430億ドルの市場規模を誇り、米国の主要な消費者セグメントであるZ世代とミレニアル世代を主要なユーザーとしています。そのため、ARにとっては最適なプラットフォームと言えます。

コスメブランドは、パーフェクトのビジネスコンソールから、スナップチャットのプラットフォームに素早くかつ簡単にデータを提供することができるため、AR体験を提供することができるようになりました。

ビューティーテックのこれから

美容業界でもデジタル化が進んでおり、今後はビューティーテックがオムニチャネルのショッピング体験において、ますます重要な役割を果たすことになります。以下では、現在と将来のトレンドについて紹介します。

ビューティーテックの重要性

・現代の消費者を理解し、エンゲージメントを生み出し、より深いつながりを作るために、ビューティーテックは重要な基盤となっています。
・現代のビジネス環境において、ブランドは従来のアプローチを変え、オンライン上では消費者にアプローチするために積極的にテクノロジーを活用する必要があります。

スキンケアに関するテクノロジーの進歩と需要

・AIやAR技術は、すでにビューティテックに欠かせない存在となっていますが、今後はGAN(敵対的生成ネットワーク)ビューティテクノロジーやライブ配信技術の進化によって、消費者のショッピング体験が飛躍的に向上することが期待されます。
・最近、スキンケアに関するテクノロジーには多くの要望があり、AIを使った肌診断や、ブランドが消費者におすすめする商品に対する需要が高まっています。これらが主な背景です。
・消費者とのコミュニケーションを成功させるには、商品のお試しをバーチャル化することが欠かせません。店舗だけでなく、ウェブやアプリ、SNSなど、あらゆる接点でシームレスなバーチャルシミュレーション体験を提供することが大切です。
・バーチャル化することで、美容ブランドや小売業者は、製品の廃棄やサンプルの生産を減らし、プラスチック使用量やCO2排出量などを削減できます。また、カスタマイズされたショッピング体験を提供することで、過剰消費を抑えることができます。

ビューティーテックの拡大と新たな分野への進出

美容技術の進歩に伴い、美容業界は新たな分野に進出することになるでしょう。ネイルカラーやメンズグルーミングなどへの拡大により、ビューティーテックは、どのカテゴリーでも欠かせない要素として急速に成長しています。

急速に進化しているビューティーテック

美容ブランドにとって、デジタルトランスフォーメーション(DX)は新しい概念ではありません。ビューティーテックに関する正確な知識を身につけ、それを効率的に活用してビジネスバリューを生み出すことが、現代のテクノロジーが浸透した市場で成功するための鍵です。

ビューティーテックは急速に進化している分野であるため、化粧品ブランドや小売店は、トレンドを察知し適応することが必要です。ビューティーテックは、消費者の悩みを解決し、より快適な買い物体験を提供し、ビジネスに貢献する重要な要素となっています。そのため、化粧品ブランドや小売店は、ビューティーテックを取り入れ、テクノロジーを最大限に活用することで、ビジネスの成長を促進することが求められます。

国内外450以上のブランドに導入されている弊社のテクノロジーに関するさらなる詳細は、
弊社営業窓口までお気軽にお問い合わせください。

一緒に新しいショッピング体験を作りませんか

人気ブログ
Eコマース
【2024年最新】化粧品ECサイトの勝者の戦略!成功法則と…
AI 肌分析
スキンアナライザーとは?活用事例、導入メリット、最新…
トレンド
ファッションテックとは?アパレル業界が導入すべき最新…
続行するにはCookieを有効にしてください。当社のCookie使用に関しての詳細はこちら をご覧ください。